2017年09月01日

名医とつながる!たけしの家庭の医学 腸漏れば万病を引き起こす

名医とつながる!たけしの家庭の医学 【腸漏れ&心臓やわらか物質&テロメア】

2017年8月22日(火)放送分で、リーキーガット症候群のことを特集してました。

腸内フローラのバランスの崩れが原因らしく

気づかないうちに毒素などが腸から漏れ出し、

糖尿病、脳梗塞、敗血症など、様々な病を引き起こすのだそうです。

体の要の腸の健康ってやっぱり大切ですね!

「腸もれ」があなたを壊す!
藤田 紘一郎 著
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「腸もれ」があなたを壊す! [ 藤田紘一郎 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/9/1時点)




内容紹介
「腸もれ」とは、小腸の粘膜に穴があいて、毒素や細菌、未消化の食べ物などが血管にもれ出てしまう現象。
食物アレルギーをはじめ、免疫力低下、動脈硬化、糖尿病、うつ病、認知症など、多くの不調や病気を招く元凶です。
「腸もれ」という問題に関しては、アメリカなどではかなり研究がすすんでいるものの、日本ではまだほんの一部の医者や研究者にしか知られていません。
本書では、腸に関する最新研究トピックである「腸もれ」について、しっておきたい基礎知識と、食生活による腸もれ改善のセルフケア法をアドバイスします。

【第1章】
食物アレルギー、体調不良、免疫力低下……すべて「腸もれ」が原因だった!

【第2章】
パン、ピザ、パスタ……いつもの食べ物が不調の原因だった!?

【第3章】
小腸にあいた穴≠ゥら毒素がもれ、あなたの心と体を蝕んでいく

【第4章】
「短鎖脂肪酸」を増やす食事で「腸もれ」は治せる!

【第5章】
食事が変われば、腸が変わる。腸が変われば、体が変わる!

内容(「BOOK」データベースより)
小麦のグルテン、糖質、添加物…など、いつもの食べものが腸に穴をあける。

著者について
藤田 紘一郎(ふじた こういちろう):
1939年に旧満州に生まれる。東京医科歯科大学医学部卒業。東京大学医学系大学院修了。医学博士。
金沢医科大学教授、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学大学院教授を経て、東京医科歯科大学名誉教授。
専門は寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。
1983年に寄生虫体内のアレルゲン発見で小泉賞を受賞。
2000年にヒトATLウイルス伝染経路などの研究で日本文化振興会・社会文化功労賞、国際文化栄誉賞を受賞。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
藤田/紘一郎
1939年に旧満州に生まれる。東京医科歯科大学医学部卒業。東京大学医学系大学院修了。医学博士。金沢医科大学教授、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学大学院教授を経て、東京医科歯科大学名誉教授。専門は寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。1983年に寄生虫体内のアレルゲン発見で小泉賞を受賞。2000年にヒトATLウイルス伝染経路などの研究で日本文化振興会・社会文化功労賞、国際文化栄誉賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
にほんブログ村
女性起業家 ブログランキングへブログランキングNo.1ブログランキングくる天 人気ブログランキング

posted by YKワールドビジョン at 10:27| Comment(0) | YKワールドビジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

ワールドビジネスサテライトでも特集 腸を整えて健康に

ワールドビジネスサテライトでも

腸を整えて健康にという特集が組まれていました。

心身の調子が悪くなってから対処するのではなく

予防医学の大切さが説かれていました。


100歳まで元気な人は何を食べているか?
: 腸内環境を整える「百寿者」の食習慣
辨野 義己 著



内容紹介
腸内細菌の世界的権威が、
ついに、健康寿命を左右する「長寿菌」の存在を解明!

「百寿者比率ナンバー1」鹿児島県奄美大島、
「寝たきりにならない村」と呼ばれる群馬県南牧村をはじめ、
島根県知夫里島、大分県姫島、山梨県棡原・・・・・・。

『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京/TXN系列)で
大人気の辨野先生が、全国の「健康長寿地域」を探訪。
その研究調査から明らかになった、
「元気で長生きする人の食習慣」を徹底解説!

◎野菜を食べれば食べるほど「長寿菌」が増える!
◎「野菜+ヨーグルト+オリゴ糖」でやせる体質になる!
◎昆布、わかめ、ひじき・・・・・・「腸内環境を整える」スーパーフード
◎玄米、雑穀・・・・・・「脳も体も若返る」おすすめ主食
◎魚味噌、なめみそ・・・・・・日本が誇る伝統発酵食品

などなど、「長寿菌」が自然と増える食べ方の知恵が満載!

内容(「BOOK」データベースより)
腸内細菌の世界的権威がついに解明!健康寿命は「長寿菌」の量で決まる!?腸内環境を整える「百寿者」の食習慣。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
辨野/義己
1948年、大阪府生まれ。腸内細菌の世界的権威。農学博士。国立研究開発法人理化学研究所イノベーション推進センター辨野特別研究室特別招聘研究員。DNA解析により腸内細菌を多数発見。腸内細菌と健康の因果関係を40年以上にわたり研究、ついに健康寿命を左右する「長寿菌」の存在を解明する。近年は、全国の長寿地域を訪れ、「健康寿命を延ばす食習慣」の研究にも従事。文部科学大臣表彰・科学技術賞(理解推進部門/2009年)ほか数々の学会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
にほんブログ村
女性起業家 ブログランキングへブログランキングNo.1ブログランキングくる天 人気ブログランキング

posted by YKワールドビジョン at 05:36| Comment(0) | YKワールドビジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

アンチエイジングの新常識 毛細血管ケア 30年以上も前から研究

ガッテンでも特集が組まれていました。

「アンチエイジングの新常識 毛細血管ケアSP」

結YK622乳酸菌で、血管のお掃除ができて
血管年齢の若返りにつながる。

今では常識になりつつあることを
30年も前から研究していたのですね。

その研究成果を広げるために60歳で企業した
小林彌壽枝社長って、先見の明がありますね(^^)/


ガッテン!「アンチエイジングの新常識 毛細血管ケアSP」
若さと健康の最大のカギ「毛細血管」。
実は毛細血管は、年齢と共に減ってゆくため、肌など体中の細胞が酸素&栄養不足に!
「血管ケア」で老いと病気を食い止める決定版!

50歳から若返るための1分間「腸」健康法 ―
老化を防ぐ決め手は“腸活”です!
藤田紘一郎 著


内容紹介
一般的には男女ともだいたい50歳前後で体質がガラリと変わります。更年期に入ってくるとホルモン分泌や新陳代謝などが若い時とは変わってくるのです。男性ホルモン、女性ホルモン、成長ホルモンの分泌量が減ってくるのです。私たちの細胞は「解糖エンジン」と「ミトコンドリアエンジン」という2種類のハイブリッドエンジンを持っています。「解糖エンジン」は地球上に酸素がない時代に原核細胞が使っていたエンジンで、人間では主に「子孫を残すためのエンジン」として残っています。50歳前後からは、その「解糖エンジン」から「ミトコンドリアエンジン」にシフトチェンジする必要が出てきます。50歳前後を境にして、私たちの細胞でのエネルギー産生もそれまでの「子孫を残すのが主な役割のエネルギー産生」から「長寿で健康を保つためのエネルギー産生」へと変化させる必要があるのです。つまり子孫を残す必要がなくなってからは、身体の変化に合わせて自ずと、トライすべき健康法もガラッと変わります。ここでは糖尿病に苦しんだ過去を持つ著者が、自ら実践してきて効果のあった、1分間で出来る、超簡単な"腸"にまつわる健康法を紹介します。この1冊で健康長寿が約束されます。

内容(「BOOK」データベースより)
老けない人は、腸が健康、腸内細菌が大活躍。1分でできる“腸活”を、今日から実践!39のカンタン「腸」健康法を紹介。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
藤田/紘一郎
1939年、旧満州生まれ。東京医科歯科大学卒業。東京大学医学系大学院修了、医学博士。金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学教授を経て、東京医科歯科大学名誉教授。専門は、寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。1983年、寄生虫体内のアレルゲン発見で、小泉賞を受賞。2000年、ヒトATLウイルス伝染経路などの研究で日本文化振興会・社会文化功労賞、国際文化栄誉賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
にほんブログ村
女性起業家 ブログランキングへブログランキングNo.1ブログランキングくる天 人気ブログランキング

posted by YKワールドビジョン at 05:56| Comment(0) | YKワールドビジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。